リリースノート

Windows 用 I2P
Windows
88e0d49090341f5bfa30299c3fa549c365da57a074ef694cf8201666687e583a

The default I2P installer requires Java to be installed. You can obtain it from Oracle or from your choice of Java distribution. After installing Java, download the file and double-click to run it.

Easy Install Bundle For Windows (Beta)

It is now possible to install all I2P components using a single package (No Java required). To try out the new installer, click below. This bundle can also be used to configure a Firefox Profile. It will not interfere with an existing I2P installation if one exists.

I2P Easy Install Bundle For Windows (Beta)

詳細なインストールガイド

I2P Easy Install Bundle for Mac OS X
Mac OS X

I2P Easy Install Bundle for Mac OS X

The I2P Easy Install Bundle for Mac OS X is packaged using OSX's standard ".dmg" package type, which allows it to use Apple's built-in tools to securely, reliably, and easily install the package. It does not require Java to be installed.

Linux 用 I2P
Linux / BSD / Solaris
153c7988e7a9f0c2affd1e001d554e2519dd439c08bd7c024643b749db1308c1

The most reliable way to launch the installer is from a terminal like this: java -jar i2pinstall_2.1.0.jar. This will launch the GUI installer. Depending on how your computer is set up, you may be able to start the installer by double-clicking the "i2pinstall_2.1.0.jar" file or right-clicking the file and selecting "Open with Java". Unfortunately, this behaviour is difficult to predict.

コマンドライン (GUIなし) インストール:

I2P can also be installed in a terminal environment, which may be especially useful for servers, containers, or certain virtual machines. If you wish to use the installer without a GUI, you can use the command java -jar i2pinstall_2.1.0.jar -console to follow the install procedure in your terminal.
Debian および Ubuntu 用 I2P
Debian / Ubuntu

I2PはUbuntu Bionic以降、Debian BusterとSidの公式リポジトリで利用可能です。ただし、Debian BusterやUbuntu Bionic (LTS) ディストリビューションでは、古いバージョンの I2P が用意されています。Debian Sidや最新のUbuntuリリースを実行していない場合、 Debian のレポジトリや Launchpad PPA を使って、最新の I2P バージョンを実行していることを確認してください。

Android 用 I2P
Android
126cc7569bf22f3fe4c629cc6e3098669eddd8dad3332ec11c89ec8689e966ad
Android 4.0 (Ice Cream Sandwich)以上が必要です。以前に I2P をインストールしていた場合、残念ながらこのリリースでは IPC の問題が修正されているため、インストール前に現在のインストールをアンインストールする必要があります 512 MB RAM 最低限; 1 GB 推奨。 これらのリリースは署名が異なるため、お互いに互換性がありません。他のバージョンをインストールする前に、完全にアンインストールしてください。download.i2p2.deからのapkは idkによって署名されています。
Docker 用 I2P
Docker

I2PはDocker HubからDockerパッケージとして入手できるようになりました。「docker pull」コマンドを実行することでイメージを取得することができます。

docker pull geti2p/i2p
    
Docker Hub
ソースパッケージ
83098c1277204c5569284b32b37ef137656b27bfe15ef903eca2da7c269288d1

代わりに、  Gitから、またはgit.repo.i2p あるいは Githubから Git 経由でソースを取得できます。
(tar xjvf i2psource_2.1.0.tar.bz2 ; cd i2p-2.1.0 ; ant pkg)を実行してから、GUI インストーラーか上記のヘッドレスインストーラーを起動してください。

Android のソースは gitGithub にもあります。 Android のビルドには I2P のソースが必要です。詳細なビルド要件や説明については、Android のソースのドキュメンテーションをご覧ください。

ファイルは zzz が署名しており、キーはこちらにあります

以前のリリースからアップデート:

自動手動アップデート双方がこのリリースに利用できます。

自動アップデート

0.7.5以降を起動している場合、ルーターが新リリースを検出するはずです。アップグレードするには、表示時にただルーターコンソールの「アップデートをダウンロード」ボタンをクリックするだけで構いません。

0.9.23まではいくつかのリリースは署名がルーターの中に存在するstr4dによって署名されていました。 0.9.9からはそれ以前の古いルーターがstr4dによって署名されたアップデートの検証に失敗するでしょう。 そのため以下の手順を用いて手動でアップデートする必要があります。

手動アップデート
54cf3f146f3a630fc2486f79f24c9cfc59d4c9974df0c4479251624fa7bc12a1
  1. ファイルをI2Pインストールディレクトリにダウンロードし、i2pupdate.zipとしてリネームします。(代わりに、上記のようにソースを取得して 「ant updater 」を実行し、結果として得られたi2pupdate.zipをI2Pインストールディレクトリにコピーすることもできます)。 このファイルを解凍する必要はありません!
  2. 「再起動」をクリック
  3. コーヒーでも飲んで、11分後戻ってきてください
ファイルは zzz が署名しており、キーはこちらにあります

以前のリリース

以前のリリースは Google CodeLaunchpad 及びechelon.i2p.xyzの I2P ネットワーク内で入手できます。