Debian用 I2P パッケージ

Debian パッケージは テストを受けており、 x86/x86_64 プラットフォームで動作するはずです: I2P パッケージは、上記されていないシステムでも動作する場合ががあります。https://trac.i2p2.deTracで、パッケージの問題を 報告してください。
  • 選択肢 1: Ubuntu 及びその派生の最新のバージョン (Debian を使っていなければこれを試してください)
  • オプション 2: Debian (Debian の派生含む)

Ubuntu 12.04 Precise Pangolin (及びそれ以降) Linux Mint 及び Trisquel のような派生向け指示

コマンドライン経由でPPAを追加して、I2Pをインストールする
  1. ターミナルを開いて入力:
        sudo apt-add-repository ppa:i2p-maintainers/i2p
    このコマンドは /etc/apt/sources.list.d にPPAを追加し、レポジトリが署名された GPG キー を取得します。 GPG キーはパッケージがビルドされてから改竄されていないか確認します。
  2. 入力して、新しいPPAのパッケージマネージャーを通知:
        sudo apt-get update
    このコマンドは、システムで有効になっている各レポジトリから、その前のコマンドで追加された I2P PPA を含む最新のソフトウェアの一覧を取得します。
  3. I2P をインストールする準備が出来ました!
        sudo apt-get install i2p
PPA に Synaptic の利用 を追加
  1. Synaptic を開く (システム -> 管理 -> Synapticパッケージマネージャ)。
  2. Synaptic を開いて、 設定 メニューから レポジトリ を選択してください。
  3. その他のソースタブをクリックして、追加をクリックしてください。 ppa:i2p-maintainers/i2pを APT-line フィールドに貼り付けて、ソースを追加 をクリックしてください。
  4. クイックフィルタボックスで、i2pを打ち込んで、エンターを押してください。i2pが結果リストで返還された時、i2pを右クリックして、インストールのためマークを選択してください。そうした後に、さらに必要な変更をマークしますか?ポップアップが表示されます。そうなったら、マークをクリックしてから適用をクリックしてください。
インストールプロセスが完了した後、I2Pを始めるの 次のパートに移動して、システムの設定ができます。

Debian 用の説明

Currently supported architectures include amd64, i386, armel, armhf (for Raspbian), and powerpc.

注: 以下の手順はルートアクセスで実行する(言い換えれば、"su"か、各コマンドの先頭に"sudo"をつけることでルートにユーザーを切り替える)べきです。

  1. 以下のように、/etc/apt/sources.list.d/i2p.listに行を追加してください。
    For Wheezy:
        deb https://deb.i2p2.de/ wheezy main
        deb-src https://deb.i2p2.de/ wheezy main
    

    For Jessie (stable):
        deb https://deb.i2p2.de/ jessie main
        deb-src https://deb.i2p2.de/ jessie main
    

    For Stretch (not available until I2P 0.9.30):
         deb https://deb.i2p2.de/ stretch main
         deb-src https://deb.i2p2.de/ stretch main
    

    For Stretch (I2P development builds for testing):
         deb https://deb.i2p2.de/ stretch-testing main
         deb-src https://deb.i2p2.de/ stretch-testing main
    

    For Testing or Unstable (Sid) (will not work until I2P 0.9.30):
         deb https://deb.i2p2.de/ unstable main
         deb-src https://deb.i2p2.de/ unstable main
    
  2. レポジトリにサインするのに使われるキーをダウンロードして、 APT に追加してください:
        apt-key add i2p-debian-repo.key.asc
  3. 入力することで新しいレポジトリのパッケージマネージャーを通知してください
        apt-get update
    このコマンドは、手順で追加された I2P レポジトリ含むシステム上で有効化されている全てのレポジトリから最新のソフトウェアのリストを取得します。
  4. I2P をインストールする準備が出来ました! i2p-keyring パッケージをインストールすると、確実にレポジトリの GPG キーへのアップデートを受信します。
        apt-get install i2p i2p-keyring

インストールプロセスが完了した後、I2Pを始めるの次のパートに移動して、システムの設定ができます。

Note: If the https address does not work, either:

  1. sudo apt-get install apt-transport-https
  2. Change the repository address to http://deb.i2p2.no/

インストール後の作業

これら I2P のパッケージを使用して、以下の3つのやり方で、I2P ルーターを始めることができます。
  • "要求に応じて" i2prouter スクリプトを使用してください。コマンドラインから "i2prouter start" を走らせるだけで構いません。 (注: sudoを使用したり、rootで起動するのはやめてください!)
  • "要求に応じて""i2prouter-nowrapper"を走らせて、 java サービスラッパーを無効にしてください(非Linux/非x86システムで必要)。 (注: sudoを使用したり、rootで起動するのは やめてください!)
  • システムをブートした際に、ログインする前の時点で自動的に起動するサービスとして。サービスは ルートとしてまたはsudoを使用して、"dpkg-reconfigure i2p"で有効にできます。

初回インストール時に、できれば忘れずNAT/firewallを調整してください。転送ポートは、ルーターコンソールのネットワーク設定ページeにあります。転送ポートに関するアドバイスが必要であれば、 portforward.com がお役に立つかもしれません。

設定ページで、 規定の設定である 96KB/s ダウン 40KB/s アップはかなり控えめであるので、 帯域幅設定を確認・調整してください。

ブラウザ経由で eepsites に到達したい場合、簡単なやり方はブラウザのプロキシ設定ページで確認可能です。