このページは 2021-01 に最終更新され、ルーターバージョン 0.9.49 について正確です。

Following is an index to the technical documentation for I2P.

This index is ordered from the highest to lowest layers. The higher layers are for "clients" or applications; the lower layers are inside the router itself. The interface between applications and the router is the I2CP (I2P Control Protocol) API.

The I2P Project is committed to maintaining accurate, current documentation. If you find any inaccuracies in the documents linked below, please enter a ticket identifying the problem.

Index to Technical Documentation

概観

Application-Layer Topics

Application Layer API and Protocols

High-level, easy-to-use APIs for applications written in any language to send and receive data.

End-to-End Transport API and Protocols

The end-to-end protocols used by clients for reliable and unreliable communication.

Client-to-Router Interface API and Protocol

The lowest-level API used for clients (applications) to send and receive traffic to a router. Traditionally used only by Java applications and higher-level APIs.

エンドツーエンド暗号化

クライアントメッセージがルーターによってエンドツーエンド暗号化される方法。

ネットワークデータベース検索ツール

Distributed storage and retrieval of information about routers and clients.

ルーターメッセージプロトコル

I2Pはメッセージ指向のルータです。ルータ間で送信されるメッセージは、I2NPプロトコルで定義されています。

トンネル

ピアを選択し、それらのピアを介してトンネルを要求し、それらのトンネルを介してメッセージを暗号化してルーティングします。

トランスポート層

ルータからルータへ(ポイントツーポイント)の直接通信を行うためのプロトコルです。

その他のルーターの題目

Developer's Guides and Resources