このテーブルは、I2Pや暗号を議論する際によく使われる用語のリストです。
  • I2P: 不可視なインターネットプロジェクト: 匿名のレイヤーを提供する という趣旨のプロジェクトで、ユーザーが様々なアプリケーションを使用して 匿名に通信できるようにするものです。
  • ルーター: コアとなるI2Pソフトウェアで、I2Pネットワーク上の暗号化 されたパケットを運びます。デフォルトで全てのルーターがネットワークに 参加しており、ネットワークの助けとなるとともにルーターを通じてI2P ネットワークに繋がるクライアントやサーバーに隠しトラフィックを提供 しています。
  • ルーターアイデンティティ: ルーターと直接通信するのに必要な情報の 集まりで、例えばIPアドレスやリッスンしているポート 公開署名鍵と暗号化鍵のことです。
  • トンネル: クライアントやサーバーとI2Pネットワーク間の 匿名通信経路です。トンネルは一方通行でなので、あるクライアント またはサーバーには最低二つのトンネルが必要です。着信トラフィック に一つ、送信トラフィックに一つです。
  • 宛先: トンネルの暗号化されたアイデンティティです。 I2Pネットワーク内のクライアントやサーバーのアイデンティティで 通常のインターネット上のコンピューターのIP:ポート番号 に相当します。
  • リースセット: 特定の宛先のクライアントやサーバーと通信するのに 必要な情報の集まりで、例えば、その宛先に対する 着信トンネルのゲートウェイのようなものが 当てはまります。
この表は、様々なネットワークやコンポーネントの定義を一覧にしたものです。 用語や定義は下記より引用したものです。 Decentralization Off The Shelf: 7 Maxims by Simply Secure(許可を得て使用)
  • 非中央集権化: 一つの当事者への依存を避けたネットワークの アーキテクチャ。ピアツーピアやブロックチェーン、フェデレーション、 多くの個々のユーザーを伴う分散型技術を含みます。
  • ピアツーピア (p2p): ピアは、処理能力、ディスクストレージ、ネットワーク 帯域幅などのリソースの一部を、サーバーや安定したホストによる中央調整を必要とせず、他のネットワーク参加者が直接利用できるようにします。BitTorrent、Napster、Bitcoinによって普及した。 帯域幅などのリソースの一部を、サーバーや安定したホストによる中央調整を 必要とせず、他のネットワーク参加者が直接利用できるようにします。 ピアツーピアはBitTorrent、Napster、Bitcoinによって普及しました。
  • フェデレーション: フェデレーションは、あるサービスの別々のデプロイメントが 共通のプロトコルを介して互いに通信することを可能にします。例えば、 @gmail.comから@hotmail.comにメールを送るとき、Googleが運営するメール サーバーはMicrosoftが運営するメールサーバーとフェデレートしています。 各デプロイメントは、複数のユーザーをホストすることができます。
  • ブロックチェーン: 複数の参加者の間のトランザクションを 検証可能かつ永続的な方法で効率的に記録 できる分散台帳です。
  • 分散型システム: コンピュータサイエンス分野内の学術的トピックで、 ネットワーク越しに接続された多くの個々のコンピューターで構成 されるコンピューターシステムの設計に関するものです。ピアツーピア ネットワークやブロックチェーンは、分散システムアーキテクチャ の例になります。
  • TCP/UDP: インターネット上で使用されている二つの主要 トランスポートプロトコルです。二つのコンピューター間でデータを 送信するのに使われる一般的なプロトコルです。
  • DHT: 分散ハッシュテーブルのことで、一部のプロジェクトで分散される形で キーバリュー型のペアの形式で情報を保存することによって ピアを互いに接続するために使用されています。
  • IPアドレス: コンピューターやネットワークに一意の数値で それゆえにアドレスとして示すのに使えます。
  • WebRTC: ウェブブラウザで接続を確立させるプロトコルの 基準で、データを直接ユーザー間で受け渡します。
  • ハッシュ: 通常、文字と数字の文字列で表示される数値。 データを一意に識別する「指紋」として機能します。
  • UX: ユーザーエクスペリエンスのことで、特に使いやすさの観点から見た あるプロダクトやサービスを使用している人の経験全体を指す。